So-net無料ブログ作成
検索選択

自然のカテゴリ記事一覧

韓国サイトから、目に付いたニュースを紹介しています。お気軽にお付き合いください。

カテゴリ:自然

自然のカテゴリ記事一覧。韓国サイトから、目に付いたニュースを紹介しています。お気軽にお付き合いください。

2013-02-23 自然
2本脚で歩くネコがいる?‘2本脚だけで歩くネコ’ だけでも視線を引くのに充分だが、前足2本または後足2本を使うのではなく前足と後足の1本ずつだけ使って歩くネコが..

記事を読む

2012-11-18 自然
イギリスのある農場に頭が反対についている羊がいると話題になっている。最近動画サイトユーチューブには‘頭が反対についている羊、テリー’というタイトルで50秒余りの..

記事を読む

2012-09-28 自然
28年ぶりにサルの新種が発見された。最近クークークー野生研究財団(the Lukuru Wildlife Research Foundation) のジョンハー..

記事を読む

2012-08-24 自然
昔から珍しい魚種として幸運を連れて来るという‘黄金のドジョウ’がある地域で二度も捕まって話題だ。7月16日午前8時05分に韓国キョンナムチャンニョン郡チャンマ面..

記事を読む

2012-06-05 自然
3匹のキリンの頭が集まっている姿がまるで頭が3個ついている神話の中の怪物のように見え、話題になっている。イギリスのバークシャー州メイドゥンヘッドの写真作家のトニ..

記事を読む

1..

2012-04-18 自然
12日イギリスのメディア、デイリーメールは最近インドネシアボルネオのあるイスラムの墓地で23歳の写真学生エコ・スパルマンが撮ったカマキリの写真を紹介した。写真の..

記事を読む

2011-12-23 自然
ネズミ3匹の体重に匹敵し、ニンジンをムシャムシャ食べる歴代最も大きな怪物昆虫がニュージーランドで捕らえられ、話題になっている。イギリスのメディアデイリーメイルの..

記事を読む

前足1本、後ろ足1本で歩く‘奇跡のネコ’

  •  投稿日:2013-02-23
  •  カテゴリ:自然
2本脚で歩くネコがいる?

‘2本脚だけで歩くネコ’ だけでも視線を引くのに充分だが、
前足2本または後足2本を使うのではなく前足と後足の1本
ずつだけ使って歩くネコが注目を集めている。

ペルシャ種であるネコ、カプリは生まれて3年めになる年に車
に轢かれて左の前足と後足をそれぞれ失った。

大手術を受け命はかろうじて助かったがこのネコに残ったのは
前足1本と後足1本だけ。

周りでは片側に残った2本の脚だけで歩くのは不可能だと思わ
れたが奇跡が起こった。

事故にあって10年が過ぎた現在、カプリは右側の脚2本だけで
自由自在に歩けるようになった。

カプリの主人であるクリブス(58)は“事故当時左側の脚2本を切断
する手術を受け生き残る確立は非常に低かった。けれどもカプリは
強い意志で死を乗り越え不可能ともいえる‘2本の脚で歩く’奇跡
を見せてくれた。”と語った。

4ヵ月前、カプリは残った2本の脚の中で前脚に問題が発生し手術
を受けたが無事に回復中であると伝えられた。

クリブスは“カプリが右側に残った2本の脚で歩く姿を見た人々は
全て驚きを隠すことができなかった。”とし、“このネコは残った脚で
けでも他のネコと同じで全てのことができる”と自慢した。

2013.2.23 kiseki no neko.jpg


 カテゴリ

 タグ

頭が反対についている羊?…衝撃映像!!

  •  投稿日:2012-11-18
  •  カテゴリ:自然
イギリスのある農場に頭が反対についている羊がいると話題に
なっている。

最近動画サイトユーチューブには‘頭が反対についている羊、
テリー’というタイトルで50秒余りの動画が掲載された。

7日(現地時刻)アメリカの最大インターネット媒体ホピントンポス
トによれば,

イギリスのコンピューター修理工のエルロン・マクナマラが動画
サイトユーチューブに公開した‘頭が反対についている羊、テリー’
は科学的に存在することができる。

このメディアによれば農業分野で歴史と伝統を持つアメリカの
ポードュ大学の農業大学のウェブサイトには‘蜘蛛羊症候群’
(スパイダー・ラム・シンドローム)と言う遺伝疾患が詳細に紹介
されている。

この症候群は羊の品種で30個が超える遺伝子欠陥の中の一つだ
と言う。

特にこの症候群にかかった羊は長くて曲がった脚を持っていたり、
脊柱が曲がる症状が見える。

また 胴が細いとか胸郭が平たいこともあり、非正常的で長い首を
持っていることもある。

従ってテリーがもしこの症候群にかかったいたなら首が下に曲がっ
ていることもあるとこのメディアは説明している。

一方撮影者のマクナマラは最近ディリーメールに‘テリーは幸せに
生きている。’とし、“他の羊のように食べて寝て全ての事をすることが
できる”と伝えた。


11.17 atama hituzi.jpg





 カテゴリ

 タグ

28年ぶりにフクロウに似た‘新種のサル’発見

  •  投稿日:2012-09-28
  •  カテゴリ:自然
28年ぶりにサルの新種が発見された。

最近クークークー野生研究財団(the Lukuru Wildlife
Research Foundation) のジョンハート研究チームは
アフリカのコンゴ地域で発見されたサルが新種として
確認されたという内容の研究結果を発表した。

現地住民の間で‘レスラ(Lesula)’と呼ばれるこのサルは
ゴールドの羽根にフクロウの模様の顔が特徴だ。

このサルが初めて発見されたのは去る2007年で他の類似種
とは違って川を境界に断絶された生活をしていたと知られている。

ヒート博士は“初めこのサルを見た時何か特別だなと感じたが新種で
あるとは期待してなかった。その間エール大、ニューヨーク大など多く
の研究陣達と共同で遺伝的、生態学的分析をして来た。”と明らかに
した。

続いて“長い期間研究陣達が集まってこのサルの野生生活と行動を
観察し記録しながら遺伝子分析後新種として最終結論を下した。”と
付け加えた。

共同著者であるエイル大人類学科エリック・サギス教授は“新しい
霊長類の発見は我々が知らない多くの生物達がまだ自然世界に
たくさんいる事を教えてくれる。”と語った。

研究チームはこのサルに棲息地である隣近ロマミ河の名前をつけて
'Cercopithecus lomamiensis'という学名をつけた。

一方今回の研究結果はアメリカの国立科学図書館誌 'PLoS One'
の最新号に掲載された。

9.28 new monkey.jpg


 カテゴリ

 タグ

‘幸運の黄金のドジョウ’捕まえて話題!

  •  投稿日:2012-08-24
  •  カテゴリ:自然
昔から珍しい魚種として幸運を連れて来るという‘黄金の
ドジョウ’がある地域で二度も捕まって話題だ。

7月16日午前8時05分に韓国キョンナムチャンニョン郡
チャンマ面ポンファ村の前の農水路でドジョウを捕まえ
ていたパク・サンフン(36)さんが18cm位の黄金のドジョ
ウを捕まえて注目を浴びている。

このドジョウは全長18cm位で体は大人の親指くらいの
太さで骨や内臓が全部透けて見える透明な濃い黄金
色回りだ。

先立つ2007年7月30日‘プゴクハワイ’社員のジョン・スン
ジャ(47,女)さんが植物園の中で全長20余cmの黄金の
ドジョウの発見したがもう一度放してやった。

普通のこげ茶のドジョウと違い、一生に一度捕まえるのも
難しく黄金色が‘吉’だという理由で‘幸運の魚’とも呼ばれ
ている。



2.JPG







 カテゴリ

 タグ

神話の中の怪物?・・・頭が3個のキリン

  •  投稿日:2012-06-05
  •  カテゴリ:自然
3匹のキリンの頭が集まっている姿がまるで頭が3個つい
ている神話の中の怪物のように見え、話題になっている。

イギリスのバークシャー州メイドゥンヘッドの写真作家の
トニー・ムタプ(63)がケニヤのサンブル国立保護区域で
撮影した絶妙なキリンの写真を18日ディリーメールが紹
介した。

公開された写真はふと見れば大きな胴の両側に長い首が
一つずつ付いた奇怪な姿だが、実は絶妙の瞬間を捕らえた
ものだ。.

【HANSA】ぬいぐるみアラ...

【HANSA】ぬいぐるみアラ...
価格:11,550円(税込、送料別)


写真をもう少し詳しく見ると首の長さだけで2mもあるこの
巨大な草食動物が各者他の方向へ重なっていて角度を
利用した感覚的な作品だと言うことができる。

休暇を迎え、サファリを訪ねたが彼らは“キリン達が集まって
いる姿を見て良い写真を撮ることができる”と考えた。

写真の中のキリンはケニアを始めとしたアフリカのスーダン、
エリトレアに分布する黒点模様のキリンで、背の高さが4m
内外のキリンの中で最も小さな種として知られている。

6.4 kilin atama3.jpg





 カテゴリ

 タグ

バイクに乗ったカマキリ“一生の間に一度見れるかどうかの写真”

  •  投稿日:2012-04-18
  •  カテゴリ:自然
12日イギリスメディア、デイリーメールは最近
インドネシアボルネオのあるイスラムの墓地
23歳の写真学生エコ・スパルマンが撮った
カマキリの写真を紹介した。

写真の中で縮れている植物の芽はまるで自転車
のタイヤのようでその上に乗ったカマキリはバイク
乗ったライダーのようだ。

エサを捕まえるためのカマキリの前足はバイクの
ハンドルを掴んだ手のように見える。

4.17 kamakiri.jpg

エコは接写演習のための写真を撮っていたが
保護色で偽装していたこのカマキリを捕捉した。

彼はカマキリがごそごそと植物の上にあがったら
予想もできなかったものすごいポーズを取って
くれたと説明した。

彼は“写真を家族と友達に見せてやったらみんな
驚いた”とし、“自然がもたらした芸術を写真に
残すことができて嬉しい"と話した”








 カテゴリ

 タグ

ネズミ3匹の体重...怪物昆虫“ウェーター”発見

  •  投稿日:2011-12-23
  •  カテゴリ:自然
ネズミ3匹の体重に匹敵し、ニンジンをムシャムシャ食べる歴代最も大きな怪物昆虫がニュージーランドで捕らえられ、話題になっている。

イギリスメディアデイリーメイルの報道によればこの巨大な昆虫はニュージーランドウェーターバグ(Weta Bug)という名前を持ったニュージーランド産の大型昆虫だ。

前山林警察隊員であるアメリカコロラド州出身のマークモペット(59)一行はニュージーランド北部のリトルベリア島で二日間の間この昆虫を探し歩いて木の上に座っているウェーターバグを発見した。

ウェーターバグはモペットが与えたニンジンもムシャムシャ食べて消化不良に陥らないか心配になるほどだった。

一行はニンジンを食べるウェーターバグの写真だけ撮ってそのまま置いておいた。

一方、怪物昆虫ウェーターは体長17.8cm・重さ71gに匹敵する世界で最も大きな種類の昆虫で今回発見された怪物昆虫は歴代最大のウェーター種類だ。

12.2 konchung-1.JPG
12.2 konchung-2.JPG                                       
                                                    2011.12.2

 カテゴリ

Copyright © 韓国なんでもニュース All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます