So-net無料ブログ作成

自然のカテゴリ記事一覧

韓国サイトから、目に付いた世界のいろいろなニュースを紹介しています。お気軽にお付き合いください。

カテゴリ:自然

自然のカテゴリ記事一覧。韓国サイトから、目に付いた世界のいろいろなニュースを紹介しています。お気軽にお付き合いください。

2017-02-11 自然
宿主(しゅくしゅ)昆虫*の頭の中に浸入してその行動を操り、その体の中で寄生して成虫になる前に体を突き破って出てくる新種のハチが米国で発見された。(*宿主昆虫:寄..

記事を読む

2017-02-03 自然
人間であれ動物であれ深い母性愛に勝るものはないようだ。前足をケガした母犬が3kmを歩いて子犬10匹を救い出し、深い感動を与えている。今や'ベラ’という名前までつ..

記事を読む

2017-01-30 自然
トラとかくれんぼするアヒルの映像が話題になっている。興味深いこの映像は、オーストラリアのシドニーのシムビオ野生公園で撮影された。公園側は去る17日、フェイスブッ..

記事を読む

2017-01-29 自然
野生のオラウータンがまるで人間のようにノコギリで木を切る驚きのシーンがカメラに収められた。去る19日(現地時間)、英国放送BBCは、新しい自然ドキュメンタリー番..

記事を読む

2017-01-25 自然
アマゾンに住む先住民の日常生活を写した写真が公開された。1000年以上文明と接触しないまま、自分達だけのやり方を守ってきた彼らどんな姿で生きてきたか。写真の中の..

記事を読む

2017-01-18 自然
シードラゴン(Sea Dragon)はオーストラリア近海に生息する海馬(タツノオトシゴ)の一種である。歴史上たった3種類しか発見されておらず、その中でもルビーシ..

記事を読む

2017-01-06 自然
動物専門メディア「ザ・ドド(The Dodo)」は、1日(現地時間)、胸にハートを抱いて生きる一匹の猫を報道した。すべての猫は、それぞれ様々な模様の毛で覆われて..

記事を読む

2016-12-28 自然
野生動物の厳しい生態系を共有するYouTubeチャンネル・クルーガー国立公園が「2016年話題の瞬間」を編集して公開した。去る23日に公開された映像には、ライオ..

記事を読む

2016-10-27 自然
重さが110kgに達するモンスター級巨大ナマズを捕まえたと18日(現地時間)イギリスのディリースターが伝えた。イギリスのカラーイルに住んでいるアンドリュー・マク..

記事を読む

2014-09-19 自然
イギリスの日刊デイリーメールなどの外信によれば東南アジアのタイのペッチャブリにあるケンカチャン国立公園に住むタスキーラングルサルがそのサルだ。アフリカとアジア一..

記事を読む

宿主の頭の中に浸入して行動を操る「エイリアン」スズメバチ発見

  •  投稿日:2017-02-11
  •  カテゴリ:自然
宿主(しゅくしゅ)昆虫*の頭の中に浸入

してその行動を操り、その体の中で寄

生して成虫になる前に体を突き破って

出てくる新種のハチが米国で発見された。

(*宿主昆虫:寄生虫や菌類等が寄生、又は 共生する相手の生物。)


アメリカのライス大学などの研究チー

ムは、国際学術誌「ズーキズ」

(Zookeys)と英国王立協会誌(Proceeding

of the Royal Society B)で、米国南部

で発見された新種のハチの学名を‘悪

と混沌のエジプトの神「セット」(Set)’

の名前をとって“ユデラスセット”

(Euderus Set)とつけたと27日明らか

にした。


2014年、フロリダ州で初めて発見さ

れたこのスズメバチは体長が1.2~2.3㎜

に過ぎないが、角度によって緑と青

などの金属性の虹色に見える派手な

体と翼を持っている。


研究陣は、しかし、このハチの華やか

できれいな外観の背後にエジプトの神

セットと比較されるほど残忍な生存本

能が隠されていると説明する。


エジプトの神セットは、弟オシリス

(Osiris)を地下室で殺した後、体をば

らばらに切断して全世界に蒔いた‘悪

と混沌の神’である。


このスズメバチの幼虫は、木に虫こぶ*

を作りその中に住んでいるクヌギハケ

タマバチ(gall wasp)という昆虫の体を

借りて生活する。

(*さまざまな寄生生物の寄生によって、植物体が異常な
成長をすることで形成されるこぶ状の突起のこと)


スズメバチの雌がクヌギハケタマバチ

が作った虫こぶの中に卵を産めば幼虫

がクヌギハケタマバチの頭の中に入っ

てその行動を操り、成長するのである。


スズメバチの幼虫に操られたされたク

ヌギハケタマバチは虫こぶの出口を、

自分が成長した後抜け出すことができ

ないほど小さくすることが分かった。


スズメバチは成長した後、映画に登

場する地球外生命体「エイリアン」

のようにクヌギハケタマバチを臓器

から食べ尽くし虫こぶを脱出して成

虫になる。


研究陣は、「クヌギハケタマバチは

木に虫こぶを作るときに、自分の安

らかな棲家を作ったと確信している

かもしれないが彼らの敵である“ユデ

ラスセット”は、前もって遥かに綿密

な計画を立てている。


これは寄生動物が他の寄生動物の行動

を操り生きていく非常にまれなケース

だと説明した。


eilian hachi  2017.2.12.jpg















숙주 머릿속 침투해 행동 조종하는 '에일리언' 말벌 발견


 カテゴリ

栄養失調で骨だけになった母犬の感動の母性愛!

  •  投稿日:2017-02-03
  •  カテゴリ:自然
人間であれ動物であれ深い母性愛に

勝るものはないようだ。


前足をケガした母犬が3kmを歩いて子犬

10匹を救い出し、深い感動を与えている。


今や'ベラ’という名前までつけてもらった

グレイハウンド犬の母犬が感動ストーリー

の主人公。


ベラは最近スペイン南部のアルメリアと

いうところで足を引きずりながらさまよっ

ていたところを思いがけない命の恩人に

出会って救助された。


道を歩いていた心理学者リアン・パウエ

ルが前足を痛めて足を引きずっていた

ベラをかわいそうに思い、動物病院に連

れて行った。


ベラは、前足をケガしていただけではな

かった。

栄養失調にかかり、骨だけになってやせ

こけていたのだ。


獣医は、ケガをした部位を丹念に治療し

ながら、首をかしげてパウエルに声をか

けた。

「この犬は子犬を産んだと思います。

母乳が出てきてます。」


母犬の状態を見れば子犬も危険な状態

にさらされている可能性が90%。


パウエルと獣医は子犬を探しに出かけた。

そんな二人の心を察知したかのようにベ

ラは足が不自由でるにもかかわらず案内

の役割を果たした。


前足を引きずりながら歩くベラをパウエル

と獣医は、ゆっくりと続いた。

足が痛いほど長い道のりを歩いた末にた

どり着いた所には車が1台捨てられていた。


ベラの子供10匹は、放置された車のトラ

ンクの中にいた。


ベラが二人を子犬達がいるところまで案

内しながら歩いて来た距離は約3km。

限りない母性愛がなければ不可能なこと

である。

ベラがなぜ足をケガをしたのか、栄養失

調にかかったのかは不明である。


パウエルと獣医は、

「おそらくハンターたちがベラを捨ててし

まったようだ。母犬が健康を取り戻し子

犬達と幸せに暮らせれるよう世話をして

やるつもりだ。」

と語った。


hone haha inu  2017.2.5.jpg














뼈만 앙상한 엄마 개, 새끼 10마리 구한 감동 사연

 カテゴリ

 タグ

トラとかくれんぼするアヒル、アヒルに途方にくれるトラ屈辱

  •  投稿日:2017-01-30
  •  カテゴリ:自然
トラとかくれんぼするアヒルの映像が話

題になっている。


興味深いこの映像は、オーストラリアの

シドニーのシムビオ野生公園で撮影さ

れた。


公園側は去る17日、フェイスブックや

YouTubeチャンネルを通して映像を

公開した。


映像には池の上に浮かんでいるアヒル

とそれを追うトラの姿が収められている。

アヒルはトラが自分に襲い掛かろうとす

るたびにさっと水の中に身を隠す。


短気なトラとは違って、むしろゆっくりと

危機を逃れるアヒルの姿は笑いをかも

し出す。

特に水の中に消えたアヒルが他の場所

から飛び出す姿は、まさに忍者のようで

ある。


そうしてこの二匹のかくれんぼは、最終

的にアヒルの絶妙なフェイント(?)に

トラが白旗を挙げながら立ち去ることで

幕を閉じる。


この映像は現在(23日午前11時、You

Tubeで)アクセス数が52万回以上を記

録し、ネチズンたちに大きな関心を集め

ている。


ahiru tora  2017.1.30.jpg


★トラとかくれんぼするアヒルの動画はこちら!















‘범보다 무서운 오리’ 오리에게 쩔쩔맨 호랑이 굴욕

 カテゴリ

 タグ

人間のようにノコギリで木を切る野生のオラウータン(動画あり)

  •  投稿日:2017-01-29
  •  カテゴリ:自然
野生のオラウータンがまるで人間のよう

にノコギリで木を切る驚きのシーンが

カメラに収められた。


去る19日(現地時間)、英国放送BBCは、

新しい自然ドキュメンタリー番組「スパイ・

イン・ザワイルド」(Spy in the Wild)を通

じてノコギリを使うオラウータンの映像を

公開した。


映像の中で登場するオラウータンは、

ボルネオの保護施設に生息している雌の

オラウータン。


普通のオラウータンがノコギリを持って

木を切る姿は、まさしく人間と同じだ。

さらに驚くべきシーンは切っている木に積

もったおがくずを口で吹き飛ばした後、

再びその木を切っていることだ。


特に横に置かれた“オラウータンロボット”

がノコギリで木を切り始めるやこの雌の

オラウータンは競争するかのように、より

一生懸命木を切り始めた。


BBCのこの番組は野生動物の生態を

自然のままのぞいて見るために製作さ

れた番組である。

そのため製作陣は“オラウータンロボット”

など、実際の動物と同じロボットを製作し、

その中にカメラを隠している。


それでは、このオランウータンはノコギリ

の使い方をどこで学んだのだろうか?


これに対して製作陣は

「多くの人が疑ったが、オランウータンに

ノコギリの使い方を教えたことはない。

ある日突然、ノコギリを持って木を切り始

めた。」 と明らかにした。


そして 「ただ数年前オランウータンが

作業員がノコギリで木を切るのを見た

ことがある。」 と語った。


orautan  2017.1.29.jpg


★木を切るオラウータンの動画はこちら!















사람처럼 ‘톱질’하는 야생 오랑우탄 포착 (영상)


 カテゴリ

 タグ

アマゾンに住むサル狩り部族、足の指を見ると.....

  •  投稿日:2017-01-25
  •  カテゴリ:自然
アマゾンに住む先住民の日常生活を写

した写真が公開された。

1000年以上文明と接触しないまま、自分

達だけのやり方を守ってきた彼らどんな

姿で生きてきたか。


写真の中の主人公はウアオラニ(Huao

rani)部族で、エクアドル東部のアマゾン

の熱帯雨林に住む先住民である。

人口は2500〜4000人未満と推定され、

歴史的にヨーロッパ人および他の種族と

接触せずに自分達だけで守り孤立して生

きてきた。


1950年代に外部の世界との初めて接触

したことが知られているウアオラニ族は猿

狩りを楽しむ。


口で吹く矢じりのついたものを用いてサル

を捕まえ、サルの肉で作った料理を好ん

で食べることが分かっている。


また彼ら先住民の主食のメニューにはサ

ルの肉だけでなく、アメリカ大陸に分布す

る豚やオオハシなどが含まれている。


ウアオラニ族は木に登ることに長けてい

ると知られている。

非常に長い間又非常に幼い頃から木登

りを練習する先住民は足の裏が平らで

足の指がまるで木の枝のように広がって

いるのが特徴である。


先住民の一部は足の指が6本あるといわ

れている。

これが先天的なものか後天的な影響から

かは明らかにされていないが木に登るの

に最高の身体的構造ということだけは確

かである。


今回の写真を撮ったイギリスの写真家

フィート・オックスフォードは「ウアオラニ

族は深刻な文化的変化を経験している。

彼らの生息する一部地域が石油埋蔵地

域であることが判明した後、このような変

化のリスクは後を絶たなかった」と説明

した。


そして「しかし、彼らは相変わらず矢銃を

用いてサルや他の動物の狩りをして食べ

るなど彼らだけのスタイルを維持している」

とし「私達とは全く違う彼らと一緒に過ごし

た時間は私の生涯で最も楽しい時間だっ

た」と感想を述べた。


amazon-2  2017.1.25.jpg


amazon-1  2017.1.25.jpg






























문명 거리 둔, 원숭이 사냥 아마존 부족 발가락 보니

















 カテゴリ

地球上で最も珍しいシードラゴンの姿が捉えられた!!

  •  投稿日:2017-01-18
  •  カテゴリ:自然
シードラゴン(Sea Dragon)はオースト

ラリア近海に生息する海馬(タツノオトシ

ゴ)の一種である。


歴史上たった3種類しか発見されておら

ず、その中でもルビーシードラゴンは

2015年に初めて発見された種類である。

学名はPhyllopteryx dewysea。

最近科学者たちがこのシードラゴンの

姿を捉えることに成功した。


他の2種類のシードラゴンとは異なり、

ルビーシードラゴンが持っている特徴は

やはりその色である。

ルビーのような明るい赤が目につく。

また、天敵から身を守ることができる付

属物がないことも特徴である。


過去2016年4月、スクリップス海洋研究

所と西オーストラリア博物館の研究者達

は野生でシードラゴンを見つけるための

プロジェクトを開始した。

彼等がキャンプを構えたのはロセアセイ

諸島だったが、ここでは2007年のオスの

ルビーシードラゴン一匹が底引き網に巻

き込まれていたという。



彼等はリモートコントロール装置を用いて、

ルビーシードラゴンを捜し回った。

以後、水深45m付近でルビーシードラゴン

に似ている二匹の生命体を発見したという。

研究チームの一人ジョセフィン・スティラーは

「本当に素晴らしい瞬間だった」と述べた。

以下は研究チームが公開した映像である。


sea doragon 2017.1.20.jpg



★ルビーシードラゴンの動画はこちら!









지구상에 가장 희귀한 해룡의 모습이 포착됐다


 カテゴリ

胸の毛柄がハート模様に見える猫

  •  投稿日:2017-01-06
  •  カテゴリ:自然
動物専門メディア「ザ・ドド(The Dodo)」は、

1日(現地時間)、胸にハートを抱いて生きる

一匹の猫を報道した。


すべての猫は、それぞれ様々な模様の毛で

覆われている。


ジョーと呼ばれる猫は、去る9月ジョアンヌに

飼われるようになった。


ジョアンヌは「ザ・ドド」とのインタビューで、

「私は最初ジョーを見た時、私は彼女の胸の

ハート型の模様に非常に驚いた。

そして私が最初にそれを発見したようだった」

と当時の心境を明らかにした。


現在、彼女はジョーと仲良く遊ぶジョーの妹リッジ

も一緒に育てている。


hart neko 2017.1.5.jpg







 カテゴリ

 タグ

野生動物の生存記“2016年話題の瞬間”

  •  投稿日:2016-12-28
  •  カテゴリ:自然
野生動物の厳しい生態系を共有するYouTube

チャンネル・クルーガー国立公園が

「2016年話題の瞬間」を編集して公開した。


去る23日に公開された映像には、ライオンの攻撃

に子供を目の前で失うヌー(ウシカモシカ)の’母親、

ワシと神経戦を繰り広げるヘビ、キリンを狩猟する

ライオン、仲間同士の戦いを繰り広げるゾウ、

人々の接近に警戒するサイなどの生きるため

に緊迫した瞬間が盛り込まれている。


特に倒れた仲間を懸命に起こそうともがくヌーの姿

は見る人々の心を打つ。


yaseidoubutu 2016.12.27.jpg


“2016年話題の瞬間”の動画はこちら





 カテゴリ

 タグ

110kg超巨大怪物ナマズ“人も食べられるくらい”

  •  投稿日:2016-10-27
  •  カテゴリ:自然
重さが110kgに達するモンスター級巨大ナマズを捕まえたと

18日(現地時間)イギリスのディリースターが伝えた。


イギリスのカラーイルに住んでいるアンドリュー・マクガイブ氏は

最近友人6名と共にフィッシングツアーに出かけた。


目的地はスペインのメキネンシャにあるエブロ川。

ここは巨大ナマズがしばしば出没する所で有名だ。


釣り糸に何か大きなものが掛かったような気がしたアンドリューと

友人たちの心は期待に膨らんだ。

7人が1時間近い死闘の末獲物を釣り上げた瞬間、皆はたいへん

驚いた。


大人の男性達が力を合わせて持ち上げるのも困難な超巨大ナマズ

だった。


一行の中の一人エンディ(55)はベテランの漁師だったが、

こんな大きなナマズは見たことがないと言うほどだった。


重さを量ってみたらなんと110kgもあった。

一人の子供ぐらいはやすやすと食べてしまいそうな大きさであった。

いっしょにいた釣の専門家たちはナマズがあまりにも大きかった

ので何人かが力をあわせてやらなかったら到底捕まえれて

なかっただろうと語った。


namazu.jpg



 カテゴリ

 タグ

漫画に出てくるような…ホントにまん丸メガネザル

  •  投稿日:2014-09-19
  •  カテゴリ:自然
イギリスの日刊デイリーメールなどの外信によれば東南

アジアのタイのペッチャブリにあるケンカチャン国立公園に

住むタスキーラングルサルがそのサルだ。


アフリカとアジア一帯に住んでいるこのサルは目の周りの

毛が丸く白色を帯びていていわゆる“メガネラングル”とも呼

ばれている。


こんな魅力的なサルを撮った写真はエジプト出身のアマチュア

写真家であるマイクル・エドウォード(29)がタイで旅をしながら

撮影したものだ。


彼は“良い写真を撮るためにしばらく隠れていて少しずつ接近

して撮影した。”と説明した。


メガネラングルはまだ絶滅危機に瀕してはいないが国際自然

保護連盟(IUCN)のリストで‘脆弱近接’に分類される。

彼らは生息地が減少し最近30年間に個体数が30%以上減少した。


megane saru 2014.9.18.jpg

ほんものそっくり!ぬいぐるみ/ギフトに!/プレゼントに!/動物/鳥/恐竜/いぬ/ねこ/猛獣/ペット...



 カテゴリ

 タグ

Copyright © 世界何でもニュース All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます