世界中で最も肥満の女性として知られている

イマン・アブデル・アーティ(36)の近況が伝え

られた。


最近、インドのメディアは、肥満の治療手術を

受けるために病院に入院したアーティが5日ぶ

りに体重30kg減量したと報道した。


なんと500kgに及ぶ体重で世界的な話題を集め

たアーティは、エジプト出身で、肥満の治療の

ための手術を受けるため、11日(現地時間)、

インドに向かった。

入院のために彼女を移す過程は、一本の貨物

輸送作戦だった。

当時の輸送チームは家の一部を崩してベッド

に横になっていた彼女を取り出し、インドに

移送させるためにクレーンを動員し、貨物機に

乗せた。


実際、彼女の信じ難い体重は病気から来ている。

エジプトのアレクサンドリアに住んでいたアー

ティは子供の頃から体重が急速に増えながら

結局家の外に出ることができない状態になった。

この時が11歳の時で、それからなんと25年の間、

外出ができず家に閉じ込められていたわけだ。


医療スタッフによると、彼女はササン虫が血液

に寄生して誘発される「象の皮膚病」

(elephantiasis)と内分泌障害で今の異常な体重に

なった。


人生に希望が見えるようになったのは、インド

のムンバイの有名な肥満治療専門のムパジャル・

ラクタワルリが彼女に救いの手を差し出したのだ。


入院した後、アーティは一日1200カロリーの食

事を通じて、5日ぶりに総30kgを減量した状態。

ラクタワルリ博士は「手術を成功させるために、

今年中に約200kg程度体重を減らさなければなら

ない。現在の体重では手術台が壊れてエレベー

ターが小さく、彼女が入っていけない。」と述

べた。

そして「肥満の治療と手術を成功に終え、必ず

アーティが病院を歩いて出ていくことができる

ようにする。」と付け加えた。


himan 500kg 2017.5.14.jpg









세계서 가장 뚱뚱한 500㎏ 여성…입원 5일 만 30kg 감량
   

 カテゴリ

 タグ