赤ちゃんの笑顔が嫌いな人はいない。

マティアスの四つ子がその証拠だ。


2000年代初頭、お母さんと一緒に横になって

楽しく笑う四人の赤ん坊が大きな話題になった。

この映像は、「アメリカのファニーストホーム

ビデオ」の歴史の中で最も面白いビデオに数え

られ、マティアス家族になんと25万ドルの賞金

が授与されている。


映像の中の赤ちゃん(グレース、エミリー、

マリークレール、アンナ)は、「アメリカの

ファニーストホームビデオ」で賞をもらった

当時6歳で、後に「オプラ」などに出演して

人気を集めた。

4tugo -1 2017.5.11.jpg

現在、この四つ子は16歳である。

彼女らは“オプラ:彼らは今どこにあるか?”に

出演して、この番組の影響について口を開いた。

四つ子の母であるアリソンは「人々はまだ、

この映像を見て笑う。」と感想を伝えた。


お父さんであるスティーブはまた「到底笑い

を堪えきれない番組だと思う。」と語った。

この四つ子はルックスは全く同じに見えるが

それぞれ違う趣味や興味を持ったと述べた。


グレースは、「マリクレールとエミリーは、

デジタルアートを好み、アンナはオーケス

トラが好き。私は写真を撮るのが好きだ。」

と成長しながらそれぞれ異なる点が生じたと

伝えた。


アリソンは子供の頃皆同じ服を着せられたも

のだったと述べた。

そうして子供たちが自分の服を選べるほど成

長したとき、皆各自のスタイル通り服を着始

めたと伝えた。


アンナはこれに「私達皆似たようなスタイルを

持っているが、エミリーは短い髪が好きで、

残りは長い髪を好む。」と語り、

エミリーもやはり「人々は私たちを見て皆他の

人になりたいと思うだろうと考えている。しか

し、そうではない。私はただ短髪が好きなだけ

である。この決定をするとき姉達がどんな髪型

をしているかは全く気にしなかった。」と述べた。


この子達のお母さんであるアリソンは「娘達が

神が願う姿に育ったらいいのに。神の願いに基

づいて成長することができる子供達になること

を願うわ。」と今後の夢を明らかにした。

4tugo -2 2017.5.11.jpg



인터넷을 휩쓴 네 쌍둥이는 이렇게 자랐다

 カテゴリ

 タグ